どーも

domo.exblog.jp
ブログトップ

美しい秋だというのに

最近ものすごく悶々としているのです。

何に?と毎日自分に問いているんだけどこれという答えが見つからない。
でもなんとなーく、そういう時期なのかな、と。

引っ越しをしてなんとなく落ち着いてきて、でもまだ友人もいない。必然的にネットで過ごす時間が増えてきた。このご時世、facebook、 twitter、ブログなどのおかげで昔からの友人、知人たちの近況が手に取るようにわかって嬉しい反面、いろいろと焦りを感じているような気がします。

来年は45。先のことを考えると、活発に活動出来る時間はどれだけあるのか、とか。

45といえば、それまでの積み重ねがそろそろ実を結んで、自分の土台がしっかりしてくる頃。そしてその土台の上で自分のやりたい事をはっきり打ち出していける頃。実際昔の友人達は皆、そんな時期に入っている印象を受けます。

しかし私は???

国が変わったおかげでまた就労できないステイタスになり、そういった意味で自由になれるのにはどれだけ時間がかかるのか。そして今の自分にはどれだけのことができるのか。なんて考え始めると悶々として出口が見つからなくなります。

なにか頭の方向転換が必要だなー。
[PR]
# by saba10ikura | 2011-11-05 03:35

Go Cards!!!

いやあ、凄かったですね。昨夜のWS第6戦。

私はWSになるとテレビに釘付けになる「にわか」Cardsファンなのであまり大きい顔はできませんが・・・。

そんなわけで前回は2006年。私達が新しい家に引っ越した年の秋、夜な夜な友達を招いてまだ改装する前のベースメントで飲み食いしながらテレビ観戦していたのを思いだします。あの時、長男はまだ2歳だった・・・。愕然。おかげでCardsは勝ち、優勝パレードまでしっかり見て、モールでの田口選手のサイン会に並び、人見知りして号泣する長男を抱っこしてもらって写真を撮ったのでした。

a0208939_0333546.jpg


昨夜のデイヴィッド・フリース。ホームタウン・ボーイなのですね。先週当たりからフッとみると「ショーン・ペンに似てる?」などと思いながら気になっておりました。ここぞ!という場面でよくもあれだけのことができるものだ、1度どころか2度までも!

大昔、剣道をやっていた頃、プレッシャーと戦う自分に打ち勝つ、という目的でマインド・トレーニングらしきことをやったことがありました。スポーツに限らず、私の場合は人前で演奏するという事にものすごいストレスを感じていて(いわゆるステージ・フライトですね)、ここぞ!という場面でいかに自分に打ち勝ってベストの結果を出すか、というのは私にとっては実は日常的な課題なのであります。
どんなに練習を積み重ねても結果がでない事の方が多い。そんな中での彼の昨夜の働きは素晴らしい!

今夜は第7戦。古巣にいたらきっと大騒ぎだろうなあ。Go Cards!!!
[PR]
# by saba10ikura | 2011-10-29 00:46

いったりきたり

早いもので10月ももう終わり。ここに来てから時間の経つのが早いこと!!!何をしているわけでもないのに・・・。

11月に入るとダンナとの演奏会があります。昼間の小1時間の演奏会ですが、新しい地でのお披露目(?)になるので「ちゃんとやってくれ」とクギをさされております。はい。でもこの狭いアパートで子供達がいる中練習しよう、なんてのはけっこうな意志がいること。週3回は娘達のプリの間、ちょっとでも練習しようと帰ってくるのですが、そうすると3時間のプリにトータル2時間以上ドライブしていることになるので時間的、燃料的にも超不経済。今週末にダンナが帰って来たらリハーサルも始まり、いよいよベビーシッターも考えなければ、です。

ハッと気がつけば私も40台も半ば。先の事を考えるとちょっと焦りも出てきています。気力、体力的に演奏活動なんてあとどれくらい可能なものか。しかも私の場合は7年のブランクがあるので(その間、たまーに弾いていたとはいえ)それを取り戻すのにも時間がかかる。この地にきて、もしかしたら仕事を始めるチャンスもあるかもしれないという期待と、そのための準備(in shapeにしておかなければ)、シッターさんをお願いする事について金銭的にmake senseするのか、など、いろいろ悩みはつきない今日この頃であります。

音楽とはいろんな関わり方がある。私はこれまでいろんな場面で自分を試してきたわけですが、やっぱりアンサンブルの世界で活動したい。でも一度、しかもかなりの長期間に引っ込んでしまった現実から自分が抜け出せないでいるような気がします。億劫になっているというか。しかも今また仕事のできるビザがない状態。ここの永住権を取るまでにはきっと1年はかかる。でもそれまでになんとか仕事を取って、それでビザを取得してしまいたい、と思うのです。

はあ〜。

ま、とにかく来月の本番を成功させないことには先は見えてきませんよね。
[PR]
# by saba10ikura | 2011-10-27 01:04

見かけたもの

a0208939_334084.jpg
a0208939_3332259.jpg
a0208939_3322372.jpg

[PR]
# by saba10ikura | 2011-10-25 03:35

今晩のおかずはマグロのお刺身(大人)と海老フライ(子供)でした。昨晩は銀ダラの味噌漬けと粕漬け、その前の晩はトンカツ。こう書くと頑張っている?と思われるかもしれませんが、暴露しますと全部仕込まれたものを家で調理しただけです。トンカツと銀ダラは日本食材店で揚げたり焼いたりするばかりになっていたもの、海老フライは冷凍でしたが、マグロはなんと日本語学校でサクで売られていたものです(この2週間はダンナが留守なので、私は手抜きをさせていただいています。いつもじゃないの?という声も聞かれますが)。日本語学校では魚市場につながりがある人がいるか何かで、ほぼ毎週何かの魚介類を売ってくれます。

これまで住んだ場所には日本の食材店というものはありませんでした。いつも中国系、韓国系のお店に日本の物も並んでいる、という感じで、調理用や生食用のお魚も冷凍庫にありましたが、なんとなく怪しい感じがしてめったに買う事はありませんでした。数ヶ月に1度、シカゴにある「ミツワ」という超大型のスーパーマーケットに行った時にいろいろ買いだめしていました。ここに引っ越して来てからは「日本人がやっている日本の食材店」というのが幾つもあり、内容もかなり充実していて我が家の食生活も少しずつ変わってきました。ただ、値はけっこうはるので大変ではありますが。お昼時に行くとお弁当類も何十種類と出ています。焼き鮭弁当から天丼、カツ丼、お寿司、唐揚げにお惣菜と、すべてそのお店で作っています。値段は400円くらいから。けっこうお手頃です。

そうそう、先週末はここの大学の植物園(うちから徒歩で10分かからない)でApple Festival(リンゴ祭り?)がありました。リンゴはすべてこの州で栽培されたもの。私達は繰り出すのが遅く、かなりの種類のリンゴが売り切れになっていたのですが、その中には陸奥、千秋、茜などがありました。富士はまだ出ていませんでした。けっきょく世界一を買い込んできたのですが、北米に住んで20年、この巨大なおいしい日本のリンゴを買って食べられたのは初めて。感動でした。

a0208939_117384.jpg
a0208939_1141382.jpg
a0208939_1125044.jpg

a0208939_118378.jpg

[PR]
# by saba10ikura | 2011-10-25 01:23